生漢煎

漢方薬の力で、10年前の自分のカラダを取り戻す!

肥満症のお腹

 

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)は、いま注目を集めている漢方薬です。

 

肥満症、便秘、むくみに効く漢方薬があると知って、生漢煎【防風通聖散】が気になった方も多いのではないでしょうか。

 

ちょっと難しい漢字が多いですが、この「生漢煎」というのは商標®。「防風通聖散」というのは、「葛根湯」と同じで、漢方の名前をさします。

 

 

この防風通聖散と呼ばれる漢方は、脂肪の分解、燃焼、排出を助ける働きがあります。脂肪ときくと、ポッコリふくれたお腹まわりや、二の腕、太ももなどを思い浮かべた人もいるのではないでしょうか。

 

この脂肪というやつは、簡単には落ちないことで有名ですよね。ツライ思いをして、食事制限や運動を頑張っているのに、あまりダイエットの成果を得られない人も少なくありません。

 

ですので、第2類医薬品の漢方の力で、脂肪の内側から分解してくれるというのは、食事や運動などのダイエットが得意でない人には、かなりの朗報ではないでしょうか。

 

食事、飲み会

 

生漢煎(しょうかんせん)は、防風通聖散を「満量処方」しているのが、最大の特徴となっています。

 

満量処方というのは、漢方の世界では、たいへん重要なキーワード。漢方薬は、「どの生薬を、何グラム配合するか」、細かく決められています。満量処方は、これを100%満たしているということです。

 

そして、それは、医療用漢方薬に含まれる生薬量と、同じ配合量の生薬を使っていることを意味します。

 

風邪のひきはじめに有名な漢方「葛根湯」も、値段がいろいろですよね。安い葛根湯は、処方分量が半分の1/2処方だったりするわけです。

 

ポッコリと出たお腹

 

そんな生漢煎(しょうかんせん)ですが、5,900円(定期)と聞くと、すこし高く感じてしまうかもしれませんが、実はそんなことはありません。

 

たとえば、ライバル製品Nは、同じ満量処方でも1日あたりに換算すると268円。対して、生漢煎は、定期コースを利用すれば197円ほど。

 

ライバル製品Nなら3ヶ月間しか買えない金額で、生漢煎なら4ヶ月間継続できてしまうわけですから、これは絶対にお得です。

 

そして、この金額なら、ジムに通うより、よっぽど安くて、時間もかかりませんよね。ジムは週に何度も通う必要がありますが、生漢煎は食前に飲むだけ。ダイエットの敵は、継続することですが、これなら誰でも続くはず。

 

ダイエット成功!

 

もちろん、運動を併用したほうが効果が高くなるのは当たり前ですが、ともかく、飲むだけでもぜひ、試してみてください。

 

あの悲しいお腹まわりを、第2類医薬品の漢方の力でスッキリさせて、10年前の自分のカラダを取り戻しましょう! お腹に集中する周囲の視線にサヨナラです!

 

 

生漢煎が、3,900円安くなる購入ページはこちら

 

 

 

生漢煎(しょうかんせん)のおすすめポイトン
  • 肥満症、便秘、むくみ、そのほかに効果のある第2類医薬品
  • 脂肪の分解、燃焼、排出を促進
  • 満量処方の漢方薬
  • ライバル製品より、値段が安い
  • 飲みにくい印象の漢方だけど、4,500mgに凝縮して、少量化

 

 

 

生漢煎がやっぱり気になる!

 

さて、ここからは、もっと生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)が知りたい人のために、その成分・効果や使用方法、効果的な飲み方まで、徹底的にレポートしました!

 

 

生漢煎の成分・効果

お腹が肥満の男性

 

ダイエットに効果的といわれるサプリメントは、いろいろ販売されていますが、続けていてもあまり効果を感じることができなかったり、満足できずに断念してしまうケースも少なくありませんよね。

 

配合されている成分が、効果的な働きをするものでなければ、いつまで続けてもダイエットは成功しません。そこでおすすめなのが、生漢煎【防風通聖散】。

 

生漢煎【防風通聖散】とは?

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)は、サプリメントとは異なり、効能効果が認められた満量処方の漢方薬。第2類医薬品です。

 

本気で脂肪を落としたい人に適したダイエットのサポート商品になっています。

 

ボウショウやダイオウ、カンゾウやレンギョウなど18種類の生薬を配合することで、脂肪を内側から分解、燃焼、排出促進を図ることができる効果があり、肥満症や便秘を改善につなげることができます。

 

生漢煎がダイエットに効果がある理由

生漢煎が効果的な理由は、防風通聖散という漢方の力に注目しているからです。

 

漢方というのは薬としても使われていて、また日々の健康を守るものとして薬膳料理に含まれていることもあるものです。

 

人間が本来持っている自然治癒の能力や痩せる力を引きだしてくれるので、その力に注目して作られている生漢煎は、健康的にダイエットを行っていきたいと思っている人にもよいでしょう。

 

日本人の体には昔からある東洋の薬のほうがあっているということもありますが、生漢煎はこういった日本人の体にあわせて作られている、というのもダイエット効果が期待できている理由のひとつです。手軽に利用できるのもよい点ですね。

 

生漢煎はダイエット以外には何に効く?便秘、肩こり、動悸、蓄膿症…その効果

すっきりした表情の女性

 

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)はインターネットの口コミレビューや感想サイトなどでダイエット効果が高いということで注目を集めており、肥満薬の人気ランキングでも常に上位にいます。実際に、防風通聖散を服用してダイエット効果を実感しているという人も多いです。

 

ですが実は、生漢煎にはダイエット以外にもいくつかの効果があるとされており、ダイエット以外でも有効な漢方薬として注目を集めています。その効果ごとに紹介します。

 

便秘や肩こりにも!

まず生漢煎のダイエット以外の効果で、一番に挙げられているのが、便秘解消です。もともと生漢煎には便秘解消に効果のある成分が数多く配合されているので、それがダイエットに効果があるといわれている理由でもあります。

 

そのためダイエット目的でなくても便秘で悩んでいるという人にとっては、生漢煎は非常にメリットのある薬であるといえますし、汗をかきやすくして血行を促すという作用もあることから、肩こりなどの凝り性に対しても有効であるとされています。

 

動悸などの心臓関連の症状

生漢煎には、同時に熱を冷まして排尿を促す効果もあるのでデトックス作用が高いとされており、それによって動悸などの心臓関連の症状を緩和することができるという作用も報告されています。

 

解毒作用が蓄膿症に!

生漢煎の意外な作用としていわれているのが、蓄膿症などの膿が溜まっている病気に対しても有効であるという点であり、これは体内の解毒作用というデトックス効果を促進することからみられるものではないかとされています。

 

生漢煎を服用するにあたって

いろんな漢方薬

 

生漢煎の効果的な飲み方

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)の飲み方は、15歳以上の成人では1回1包、1日3回、朝昼夕の食前か食間に、そのまま水かお湯で服用することになります。食間とは、食後およそ2〜3時間後のことを指します。

 

いつから効果がでるのかなど、期間に関しては個人差があり、便秘の場合には1週間、肥満症やむくみ、その他の症状に対しては1ヵ月程度の服用が必要になります。

 

生漢煎の服用においては、第2類医薬品となることを理解しておく必要があります。服用は注意内容をよく確認した上で行う必要があり、基本情報にて定められた禁止事項、禁忌内容には十分な注意が必要になります。

 

服用時の注意点

服用時の注意点ですが、一般的に漢方と薬は同時に飲んでも差し支えはありません。生漢煎についても同じことが言えます。ただ利尿剤を服用している場合は別です。

 

甘草(カンゾウ)による副作用と重複する可能性があるので、医師・薬剤師または登録販売者に相談したほうがよいです。

 

甘草は多くの漢方薬に使われてる生薬ですから、もしも他にも漢方薬を服用している場合には、甘草の1日当りの摂取量が過剰になることがありえますのでこの点も注意しましょう。

 

生漢煎の副作用

生漢煎の副作用として注意しておきたいのが、配合されている生薬の甘草(カンゾウ)によるむくみです。むくみは生漢煎に含まれる生薬の甘草によって引き起こされる副作用で医学的には偽アルドステロン症と呼ばれています。

 

つまり一般的に漢方を服用した際の副作用として挙げられる症状の中で、甘草から引き起こされる有名なものが偽アルドステロン症であり、むくみなのです。

 

また、副作用としては、肝障害(だるさ)やめまいがあります。ただ甘草はほとんどの漢方薬に含まれている生薬で、副作用を起こすのはごく一部の場合です。稀に重く副作用が出た場合の初期症状がむくみやめまいとなって現れるということです。

 

飲み合わせについて

生漢煎を飲む際の注意点としては、食前または食間に水またはお湯で飲むこと。

 

飲み合わせのよくないものとしてはお茶やコーヒー、栄養ドリンクが挙げられます。これらは生漢煎の服用とは別に、時間を空けて飲みましょう。

 

 

 

 

生漢煎【防風通聖散】のまとめ!

 

含まれるすべての生薬と成分量、効果、副作用とは?生漢煎が購入できるのは?

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)がどんな漢方薬なのか、わかりやすく表にまとめてみました。

 

特徴 健康食品やサプリメントなどではなく、防風通聖散という効能効果が認められている満量処方の漢方薬になります。満量処方とは、漢方薬には1日分の生薬の配合バランスが決められていて、その丸1日分使っている漢方薬を満量処方と言います。
効果 生漢煎は、肥満症や便秘などに効果があります。

 

肥満症とは、病気です。そもそもなぜ肥満症になるのか。主な原因は、消費カロリーが足りていないからです。過剰な摂取カロリーでエネルギーをたくさん蓄え、運動不足により消費カロリーがあまり消費されず、加齢と共に起こる基礎代謝の低下も重なり、消費されなかった栄養物は脂肪として蓄積され、肥満や便秘を引き起こします。

 

また、普段より味の濃い食事や辛い食事等を食べ続けると、胃腸の動きが活発になり胃に熱が停滞する状態になります。

 

便秘は、たくさん食べるために腸に便がたまり、腸が水分を吸収する為に便秘になっていきます。これらの状態を改善するために、代謝を高めるということが非常に大事です。

 

代謝とは消費する力です。代謝を高めて便通を促し、清熱させて利尿する。この基本的な体内サイクルがきちんと働く事により、脂肪を内側から分解・燃焼・排出促進することで脂肪減少させ、肥満症や便秘を改善していきます。

含まれる生薬 生漢煎は、防風通聖散です。含まれる各種生薬は、ケイガイ・ダイオウ・キキョウ・トウキ・センキュウ・ショウキョウ・セッコウ・カッセキ・シャクヤク・硫酸ナトリウム・レンギョウ・サンシシ・マオウ・カンゾウ・ハマボウフウ・ヒャクジュツ・ハッカ・オウゴン。

 

以上の18種類の生薬を配合し、余分なお腹の脂肪を分解して燃焼させ、排出促進してくれます。

成分量 生漢煎の成分量としては、18種類の生薬を満量処方で最大処方量27.1g配合。それを独自の製剤技術で有効成分4,500mgの防風通聖散料エキスにギュッと濃縮しました。
副作用 副作用として、排便を促す効果が高いため、人により下痢や腹痛など、効き目を強く感じる方がおります。
購入 生漢煎の購入は、生漢煎公式サイトのホームページからがおすすめです。

 

通常購入価格以外に、初回限定価格や定期コースの設定や送料無料の特典もあります。楽天やアマゾンなどで「生漢煎」を検索しても、販売されていません。公式ページの取り扱いとなります。

 

生漢煎の紹介記事はこちら

 

生漢煎の発売元アインファーマシーズとは

生漢煎【防風通聖散】を発売しているのは、アインファーマシーズです。

 

その親会社である株式会社アインホールディングスは、東証一部、札証に上場している大手企業。

 

調剤薬局やドラッグストアを日本全国で展開している会社です。北は北海道から南は沖縄まで数多くの店舗を設置しているので、これまでにアイン薬局を利用したことがあるという方も少なくないでしょう。

 

アイングループの調剤薬局は、かかりつけの薬局として多くの方に選ばれています。ジェネリック医薬品への取り組みや電子お薬手帳サービス、英語対応薬局、在宅医療への取り組みなどさまざまなジャンルで新たな取り組みを実施していることもアイングループの特徴です。

 

薬局では安心で安全、スピーディーな調剤を提供しており、薬を渡すときはプライバシーに配慮したカウンターで行っています。患者一人一人に対して効能・効果、用法・用量、服用上の注意などを分かりやすく説明しています。薬歴を記録しているため薬に関する悩みについて相談できることもアイン薬局の魅力です。

 

アイン薬局、アインファーマシーズの店舗情報を開くと所在地や電話番号、営業時間、定休日などを確認することができます。店舗への行き方が分からないときは店舗情報にある交通機関を見ると最寄駅と駅からの徒歩分数が分かります。

 

また駐車場の有無やサービス内容、クレジットカードの種類、対応可能な保険調剤などが確認できます。通販での薬販売は行っていませんが、店舗に行けば無料相談できるので安心です。

 

漢方薬の生漢煎と、ダイエットサプリとの違い

薬やサプリメント

 

ダイエットを検討する上でサプリメントなどの利用を考える人も多いですよね。生漢煎(しょうかんせん)に使われている防風通聖散は、漢方薬として病院でも処方されることがあり、肥満症改善の目的で利用されることが多いのですが、ダイエットサプリとの違いは何でしょうか。

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

ダイエットサプリについて

ダイエット系サプリメントといってもいろいろな種類があります。錠剤やスティックタイプの粉末状のもの、無添加酵素ドリンク(優光泉など)のような飲料タイプのものもあります。

 

サプリメントには機能性表示食品のものもあります。外袋に書かれている中身の成分一覧や添加物量をよくチェックしましょう。

 

メリットは?

まずダイエットサプリのメリットは副作用がないというところにあります。というのもサプリメントはあくまでも栄養補助の目的で利用されているので薬ではなく、誰でも気軽に飲むことができるからです。

 

デメリットは?

デメリットとしては人によって効果が異なっており、長期間服用しないと効果が現れないというところがあります。また、あくまでも栄養補助などが目的なので、ダイエット効果が発揮されるのかどうかというところは個人の体質などによります。

 

減量効果があるとされる有効成分量や、エキス配合されている含有エキス量、配合バランス量なども商品によってまちまちです。

 

漢方薬の生漢煎について

メリットは?

一方、漢方薬の生漢煎【防風通聖散】は医薬品なのですが、体質改善からダイエットをサポートしてくれるので根本からダイエット効果UPすることができるというメリットがあります。特に肥満症治療の目的で利用されているので効果が高く、太りにくい体質に改善してくれるというところも魅力です。

 

デメリットは?

デメリットとしては人によっては副作用がありますし、妊婦など一部の人たちは服用する場合は医師に相談するなど制限が設けられることがあるという点です。

おすすめは生漢煎!

この2つのメリットデメリットを比較して、どちらが効果が高いのかというと、やはり体質を根本から改善してくれる生漢煎の方が、効果の面では圧倒的におすすめです。

 

生漢煎とナイシトール、コッコアポ、ツムラ防風通聖散との違いを徹底比較!

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)以外にも、防風通聖散の漢方薬がいろいろとあります。ここでは、特に知名度の高いナイシトール、コッコアポ、ツムラの防風通聖散との違いを比較しています。特徴を把握して、自分の体にあっているものを利用しましょう。

 

種類 特徴
生漢煎 生漢煎は、余分なお腹の脂肪を分解して燃焼し排出させることを目的にしており、1日の生薬バランスが考えられた配合量になっています。加齢とともに基礎代謝が減少してしまいますが、生漢煎を摂取することで18種類の生薬が悩みにアプローチしてくれて、消費する力を高めて排出させる効果効能を高めてくれる期待が持てます。

 

ボウショウやダイオウ、カンゾウやレンギョウなど18種類の生薬は代謝を高めて便通を促すとともに、胃に停滞した熱を清熱させて利尿作用にも優れています。腹部に皮下脂肪や内臓脂肪が多く便秘改善したい人、高血圧や肥満に伴う動悸、肩凝りなどが気になっている人は続けていくことで改善が期待できる医薬品です。1日朝昼夕の3回、食前又は食間にそのまま水かお湯にて服用します。

ナイシトール 小林製薬のナイシトールも肥満症、高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくむ・便秘などの改善を目指すことができる防風通聖散であり、空腹時に飲むことが推奨されています。特にポッコリお腹など、お腹まわりに効果があるとされています。

 

食事の30分前か食後2時間ほどしてから飲むとより効果的で、習慣化するのが望ましい生薬が含まれたサプリメントです。ナイシトールは種類によって1日に飲む回数と1回に摂取すべき量に違いがあるので確かめる必要があります。

 

ナイシトールには、満量処方のナイシトールZ、それよりも生薬の分量が少ないナイシトールG、そして、もっとも分量が少ないナイシトール85の3タイプがあります。値段は分量が多いほうが、高くなります。

 

生漢煎と、ナイシトールZは、同じ満量処方ですが、値段を比較すると圧倒的に生漢煎が安くなっています。特に定期便はお得です。

コッコアポ クラシエのコッコアポもいくつか種類がありますが、体質によって選ぶようになっていて、お腹周りの余分な脂肪を減らしたい場合、あちこちについた脂肪を減らしたい、筋肉にしまりのない余分な脂肪を減らす、手足や顔などのむくみと冷え性のがある人と分かれていて、体質改善を意識しながら脂肪を減らす肥満解消ダイエットを目的としています。
ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒 ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒は、第2医薬品に分類されている漢方で、肥満で便秘がちな人に対して発汗や利尿、便通作用があり高血圧や肥満に伴う動悸や肩こり、のぼせ、むくみ、便秘とともに肥満体質の改善が目指せます。

 

1回の量を調節することで2歳以上から服用できて、1日2回食前に飲むようにすると効果的です。

ツムラ62 医師の診察により、肥満症による健康被害が考えられる場合、処方してもらえるのがツムラ62という防風通聖散。必ず、処方箋が必要です。

 

姉妹サイトの紹介(外部検索リンク)

 

そもそも漢方薬って?

防風通聖散のほかにも、漢方薬はいろいろあります。

 

漢方薬は、複数の生薬を組み合わせて作られています。また、その組み合わせの基準値は、日本薬局方という医薬品の規格基準書において、生薬の種類や含有量、配分量が細かく定められています。

 

漢方薬は、一般的に使用されている西洋薬に比べ飲む機会が少なく、慣れない場合などでは不安に感じることもありますが、特徴を理解して服用をすることで、より効果を期待することができるようになります。

 

また、防風通聖散を含む、漢方薬は医師の診察で必要と判断されれば、処方されることもあります。健康保険適用となりますが、一度に購入できる量は1ヶ月で、都度、受診する必要があるため、不便さはあります。

 

漢方の満量処方とは?

漢方の満量処方とは、日本薬局方で定められた通りの最大量の処方で配合されていることを指します。しかしながら、満量処方された漢方薬では、服用する人の体調や体質によっては効果が強く出過ぎたり、副作用や健康障害が多く出ることもあります。

 

そのため、薬の効き目を弱めたり副作用を減らす目的で、生薬の内容量が少ない配合の漢方薬がたくさん作られています。これらは、減らした生薬の割合によって、3/4処方、2/3処方、1/2処方と表示されており、一般的に満量処方のものより安い価格で手に入ります。

 

妊娠中に生漢煎を飲んでもよい?

赤ちゃん

 

妊娠中に漢方薬を服用する場合の注意点

西洋薬の中には、妊娠中に服用してはいけない薬も数多くあります。

 

一方東洋薬である漢方薬の場合、効果がゆっくりと現れるため、妊娠中にも気にせずに飲むことができると思っている人も多いかもしれません。ただ、妊娠中には注意しないといけない漢方薬もありますから、注意する必要があります。

 

一般的には、漢方薬は、妊娠中や授乳中に飲んでも問題はないと考えられています。ただ、漢方薬も薬ですから、副作用がゼロということはありません。特に、妊娠初期は、母親が口にしたものが胎児に大きく影響する時期ですから、より注意が必要です。

 

妊娠中、便秘になる妊婦も多く、それまで便秘を経験したことがない人でも、便秘になることがあります。これは大きくなったお腹の赤ちゃんが、腸を圧迫したり、ホルモンバランスの変化によって起こると考えられていて、頑固な便秘になってしまうこともあります。そういった時には、漢方の生漢煎が効果的です。

 

生漢煎には便秘解消効果が

生漢煎には、防風通聖散が配合され、便秘解消に効果があるとされています。ただ、防風通聖散として販売されている漢方薬のほとんどは、妊娠中に服用する場合、医師や薬剤師に相談する必要があると書かれています。

 

注意点としては、便秘解消のために生漢煎を飲もうと思っている人は、自分の判断で適当に飲まずに、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

お腹の脂肪を落としたい!

おなかの脂肪

 

お腹の脂肪を落とす運動

中高年になると基礎代謝もダウンしてきますので、食事による摂取カロリーと運動量のバランスが崩れるとどうしても体脂肪がつくようになり、健康診断でもひっかかるようになります。体脂肪はお腹まわりやおしり、ほっぺたなど、筋肉のない部分につき易くなり、体重も増加します。

 

脂肪を落とす為には食事制限によるカロリーコントロール(カロリー制限)と運動は必須と言えます。しかし理解はしているものの、定期的な運動などとなりますと続かない方が多いのも事実です。

 

ランニング等は比較的誰にでもできる運動ですが、できるだけ時間をかけておこなう事が効果的です。30分から40分以上が理想です。脂肪燃焼している時間を長く保つ事で徐々に体が脂肪を燃焼しやすい体質に変わっていきます。

 

ランニングが続かない様でしたら自転車なども効果があります。この際も距離だけでなく、できるだけ汗をかく時間が長くなるほど体質改善効果があります。毎日は無理でも1週間に2、3度でも良いので続ける事が重要です。

 

飽きを防止する為には、トレーニングに変化をつける事が重要です。腕立てや懸垂などの筋トレや有酸素マシンなども適度に取り入れる事をおすすめします。運動はストレス発散作用もあります。

 

ダイエットと同時に筋肉質な体つくりを目指される方は、運動後にダイエット用プロテインドリンク等で栄養補給されておられる方が多いです。しかし過剰に摂取するのは肝臓等に負担がかかり副作用も考えられますのでバランスよく摂取する事が必要です。

 

お腹周りの脂肪を落とす食事

藁に入った納豆

 

学生の頃と比べて社会人になって太ってしまったという方が多いはずです。結婚してご主人が急に太ったという方もいらっしゃるでしょう。太っているとモテなかったり、将来大きな病気を引き起こしてしまう可能性が高くなるので、早めに痩せておくことが求められます。

 

お腹周りの脂肪を落とすには運動によるダイエットも大事ですが、食事の改善こそ行わなければいけません。いくら運動しても脂っこい料理や炭水化物中心ではあまり効果が出ませんし、食事量に気をつけることも必要です。

 

ダイエットの時は野菜中心のメニューにしてください。炭水化物は朝以外は控えるのがベストです。肉などのタンパク質に関しては積極的に摂っても大丈夫です。ダイエットをしていると脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうことがよくあるので、タンパク質を摂ることは大事になります。ただ、肉といっても脂分の少ないササミを推奨します。

 

この他に摂るべきメニューは海藻やきのこ、納豆などのネバネバした食品、キムチなどの酵素が入っている食品が良いと言えます。野菜を摂る際はイモ類やにんじん、かぼちゃといったカロリーが多いものはできるだけ避けてください。野菜はトマトやブロッコリー、ほうれん草などがオススメです。

 

ダイエットレシピの紹介サイトやアプリ

ネットで検索すると、ダイエット食のレシピを公開したサイトもあります。神レシピといわれる、腹持ちバツグンながらお腹も満足できるダイエットレシピが多数紹介された読者数の大勢いるサイトもあるようです。

 

最近は糖質制限ダイエットが人気で、「糖質制限ダイエットバイブル」ともいえるようなダイエット特化ブログもあります。そこでは例えば「高野豆腐ココット」などの人気メニューが限定公開記事として紹介されています。糖質制限に挫折したことのある人はこういったサイトを利用してみるのも良いでしょう。

 

また、日々の食事内容や様子をダイエット記録として残し、ダイエット状況を把握することで効果を上げることを目的としたスマートフォン用のダイエットアプリもあります。

 

食事を改善しただけでかなりのダイエット効果があるので、脂肪を落とすためのメニューを考えて食事をしてください。

 

お腹周りの脂肪を落とすダイエットグッズ

食事や運動以外にも、お腹周りの脂肪を落とすダイエットグッズが人気です。簡単骨盤ダイエットができる「骨盤ダイエットハートクッション」というクッションや、補正下着であるダイエットインナーなどです。

 

また最近では、「アーユルチェアー」という腰痛予防椅子が、腰痛予防になると同時に骨盤矯正効果もあり痩身効果が期待できるとのことで、話題となっているようです。

 

 

以上、お腹まわりのダイエットについてまとめましたが、やはり、脂肪を落とす力のある生漢煎【防風通聖散】という漢方は、おすすめです。運動や糖質抜きダイエットなど、そのほかのダイエットもよいですが、ぜひ、一度試してみてください!

 

生漢煎の紹介記事に戻る